会津アスパラ 2018.4.1~6.30

旬の食材~会津アスパラガス

昭和40年代初めに会津でアスパラの栽培が始まってから約50年。 福島県は全国トップクラスの産地となりましたが、そのうち90%以上は会津産です。これは雪や昼夜の温度差など栽培に適した環境と、生産者が日々積み重ねてきた努力によるものです。

旬の食材:アスパラガス

収穫時期が長く、品種もバラエティに富む!

会津地方では、寒暖の差を活かしてやわらかく甘みのあるアスパラが作られます。
会津アスパラの収穫時期は3月下旬から始まり5月にピークを迎え、夏採りを過ぎ10月まで続きます。
また、ハウスで育てる促成栽培と露地栽培があり、色もグリーン、 ホワイト、 紫、ピンク(平成28年度から出荷が始まった会津桜アスパラ)などバラエティに富んでおり、アスパラの一大産地としてなんとも頼もしい限りです。

【福島県オリジナル品種】
ハルキタル(食感が柔らかい)
春まちグリーン(若茎が太い)
はるむらさきエフ(全国でも貴重な紫アスパラ)
ふくきたる(味が濃く、食感が良い)

産地で味わうアスパラが一番美味しい!

アスパラは収穫してすぐ切ったところから水がにじむほど瑞々しく、時間が経過するごとに水分や甘みが抜けていきますので、産地で食べるのが一番美味しい食べ方です。採れたてのアスパラは瑞々しく味が濃く食べた人を驚かせます。
ポキっと手で折れるほどの新鮮さと、柔らかな食感は産地ならではの醍醐味です。

会津アスパラを支える匠たち

食べられるお店

和食Japanese foods

洋食・中華Western foods

居酒屋Izakaya

カフェ・バーCafe & Bar

宿Hotels

このページの
トップヘ

あいづ食の陣実行委員会 事務局(会津若松市農政課内)
〒965-8601 福島県会津若松市東栄町3番46号

© aizu shoku no jin All Rights Reserved.