自然条件、土壌、限りない探求心が
美味しい会津トマトを育む

会津トマトの美味しさには3つの理由がある。

1.恵まれた自然条件
種まきや収穫の時期にかけて、会津盆地の日中は暑く、朝夕は涼しい。このような盆地特有の温度差によって、味がのり、美味しいトマトができる。
2.恵まれた土壌
会津は扇状地が多く、肥沃な大地が美味しい作物を育む。
3.限りない探究心と努力
実直な会津人気質と土づくり、肥料、水へのこだわりなどが美味しいトマトを育てる。

●トマトのふるさとは南米アンデスの高地
16世紀にジャガイモとともにヨーロッパに渡り、17世紀、大航海時代の波に乗ってアジアにやってきた。日本に持ち込んだのは、ポルトガル人ともオランダ人とも伝えられる。

●トマトの語源は「膨らむ果実」=「トマトゥル」
はるか昔に、メキシコ湾をのぞむベラクルス地方のアステカ人がこう呼んだのが始まりと言う。

●トマトの種類は約800種
日本では約120種が栽培されている。大きさ、色によって生食用と加工用に分けられる。

レストラン

▲ カテゴリー一覧に戻る

カフェ

▲ カテゴリー一覧に戻る

和食

▲ カテゴリー一覧に戻る

居酒屋

▲ カテゴリー一覧に戻る

ラーメン

▲ カテゴリー一覧に戻る

旅館・ホテル

▲ カテゴリー一覧に戻る

ビジネスホテル

    準備中

▲ カテゴリー一覧に戻る

農家民宿

▲ カテゴリー一覧に戻る

直売所・売店

▲ カテゴリー一覧に戻る