【国も栽培を進めるトマト産地が会津だ】

 会津トマトの特徴は自然の環境を活かしていることに尽きる。
雪深い地域なので春に種を撒き、夏から秋にかけて収穫する。
山々に囲まれた会津盆地の夏は日中35度を超えることもしばしばあるが、熱帯夜になることはほとんどない。
この夜の温度がしっかり下がることが美味しいトマト栽培には欠かせない。

 さらに、会津エリアにある高原地帯から盆地の平場まで収穫時期が少しずつずれることで、初夏から晩秋までの長い間リレー栽培できることも特徴の一つといえる。
平成25年度の夏秋トマト出荷量、福島県は全国4位。
会津の夏秋トマトは国指定の野菜指定産地となっており、トマト作りを積極的に推進されていることも、出荷量の多さに影響しているといえる。

 夏を代表する会津の誇り「トマト」を旬の時期に食べてほしい。
これが「あいづ食の陣」のコンセプトだ。

レストラン

▲ カテゴリー一覧に戻る

カフェ

▲ カテゴリー一覧に戻る

和食

▲ カテゴリー一覧に戻る

居酒屋

▲ カテゴリー一覧に戻る

ラーメン

▲ カテゴリー一覧に戻る

旅館・ホテル

▲ カテゴリー一覧に戻る

ビジネスホテル

    準備中

▲ カテゴリー一覧に戻る

農家民宿

▲ カテゴリー一覧に戻る

直売所・売店

▲ カテゴリー一覧に戻る