恵まれた自然と気候、
栄養豊かな水が育む、美味しい会津米!
それらが醸し出す日本一のお酒!

米どころ、酒どころ会津地方。その美味しさの理由は?

1.自然・気候条件に恵まれている
米どころ会津地方。その産地となる会津盆地は、盆地特有の昼は暑く、夜になると涼しくなる温度の差を生かし、美味しい米づくりに最適な土地です。秋になると朝霧が発生し、葉や土壌を潤します。冬は雪が降ることで地力の消耗が少ないのです。
2.栄養豊かな水に恵まれている
盆地の中央には阿賀川や湯川が流れ、周辺の山々、森から栄養豊かな水が河川に流れ込みます。
その水が水田を満たし、コメの生育を支えるのです。

●会津 日本一おいしいお酒が飲める郷宣言
平成26年4月に、会津清酒消費拡大推進協議会は、「会津清酒」を会津ブランドのシンボルとして掲げて、地域に根ざし誇るべき歴史・文化として自他ともに認める「日本一おいしいお酒が飲める郷」となるよう、一丸となって取り組んでいく宣言をしました。
また、「平成28酒造年度 全国新酒鑑評会」で、福島県は金賞受賞数22銘柄と5年連続日本一となりました。金賞受賞銘柄のうち、会津地域の蔵元が13銘柄と半数以上を占めています。

レストラン

▲ カテゴリー一覧に戻る

カフェ

▲ カテゴリー一覧に戻る

和食

▲ カテゴリー一覧に戻る

居酒屋

▲ カテゴリー一覧に戻る

ラーメン

▲ カテゴリー一覧に戻る

旅館・ホテル

▲ カテゴリー一覧に戻る

ビジネスホテル

    準備中

▲ カテゴリー一覧に戻る

農家民宿

▲ カテゴリー一覧に戻る

直売所・売店

▲ カテゴリー一覧に戻る