らーめん餃子のお店 関さん ラーメン

kome_sekisan003

【水餃子スープ】

米粉を使った餃子の皮はモチモチの食感を重視した特注品。

水餃子用に皮を少し厚めにしていることでスープにいれても破れない餃子になっています。

スープはラーメンスープなので味は間違いなし。

野菜が入ることで深みがある味になっています。

kome_sekisan006
kome_sekisan001

【炒飯セット】

強火で一気に炒めるからとってもパラパラ。

ラーメンの具でもある自家製チャーシューを入れて、シンプルな中に肉の濃さを出しています。

お米は喜多方市塩川のコシヒカリ。

卵とネギ、チャーシューのみの王道な炒飯は火力や鍋ふりの技術も表れます。

ご飯も潰さず具材の味も崩さないこのチャーハンは何度食べても飽きません。

 

炒飯セット(水餃子スープ付) 900円(税込)

asupara-sekisan1asupara-sekisan2
2001年、会津若松市内の学生通り道にラーメン屋をオープン。
何度きても飽きないように、とメニューは麺だけで30種類。餃子も2個から注文できるという頼れるお店です。
震災前はお城も近いことから修学旅行の学生さんも多く来ていましたが、今では修学旅行生よりも大人のお客様が多く、たくさんの常連さんが通っているお店です。

お伺いした日は週1行っているチャーシューの仕込みの日。
肩バラを煮込んでから2日寝かすという関さんのチャーシューは、中までしっかり味が染み込んでいます。
「柔らかいチャーシューでは中まで味が染み込まないのです。2日寝かすことで味が全体に均等になります。
うちでは切り置きしないので、この味が染み込むことが大事なんです。」とご主人。
煮込んだすぐのチャーシューと2日寝かしたチャーシューを食べ比べさせていただきましたが、全く味のまわり方が違います。
寝かすことにこだわる深みがあるチャーシューってこういう味なんです。

 

2
【しょうゆラーメン】
一口食べて、懐かしいと思えるシンプルなしょうゆラーメン。
鶏ガラ・魚介・とんこつのバランスが昔ながらのさっぱりしたスープになっています。
醤油は会津の醤油醸造元からずっと変わらず仕入れているそう。
ガッツリ系のラーメンとは違って、毎日食べても飽きない味がここにあります。

醤油ラーメン 570円(税込)
味噌ラーメン 570円(税込)
塩タンメン 670円(税込)
焼き餃子(2個~)  1個 55円(税込)

● 基本情報
住所:会津若松市西栄町4-85
電話番号:0242-38-8134
営業時間:11:30~15:30(LO)、17:30~20:30(LO) 

店内の様子

カタログ紹介

地図

会津米・酒カテゴリ一覧