庄助の宿 瀧の湯 旅館、ホテル

kome_takinoyu001

庄助の宿瀧の湯では会津の素材を使うことを長年に渡り取り組んでいます。
朝食は会津のお母さんたちが作るような旬の素材、会津ならではの味を基本とした「おふくろバイキング」をコンセプトに。
ご飯はずっと湯川村産会津コシヒカリやアイガモ農法の会津コシヒカリを炊きたてで出しています。
庄助の宿瀧の湯の朝食では、他の宿では食べられない、つき立てのお餅が振る舞われています。
毎朝4時過ぎから仕込み、炊きあがった餅米をつき、朝食会場で仲居さんがちぎってくれる本物のお餅です。
もち米はもちろん会津産の黄金米。そして蒸したての赤飯も人気メニューの一つです。
会津ではおもてなし料理の1つにお餅やお赤飯があるので、手間はかかっても食べてもらうことで会津らしさを伝えたい、というこだわりです。
朝からお腹がいっぱいになること間違いなしの朝食メニューです。

平日1泊2食12960円~35700円
休前日1泊2食15120円~45960円
(1室2名利用時の1名料金、和室利用~特別室利用、各税別・入湯税別)

 

DSC_2016
【おふくろバイキング】
会津漆器に会津野菜を取り入れたピクルスや蒸し野菜、お惣菜コーナーなど種類も豊富です。
野菜ソムリエ・木村氏のコーナーでは野菜本来の甘みを食べていただきたいと、野菜中心のメニューが5品ほど並びます。
少し硬めなのは7回以上噛むことで本当の味が出てくるから。
宿の思いと農家さんの思いが1つの会場で融合した食事会場です。

● 基本情報
住所:会津若松市東山町湯本滝ノ湯108
電話番号:0242-29-1000
営業時間:イン15:00~アウト10:00

店内の様子

カタログ紹介

地図

会津米・酒カテゴリ一覧