鳥益 居酒屋

kome_torimasu001
【うな丼】

居酒屋さんなのに、本格的なうな丼が常連さんたちの楽しみ。
生きた国産うなぎを仕入れ、ご主人がさばく本格派。
白焼きをする際には、炭火で焼くからフワフワの食感。
注文があってからタレをつけて仕上げ焼きに。
タレは創業当時から変わらない秘伝のタレで、ウナギと北会津産コシヒカリにからんで、ふわふわの食感です。
会津にウナギのイメージはないかもしれませんが、鳥益では長く愛されてきた隠れ名品です。

うな丼(半分) 1300円(税込)
うな重(一本分)2700円(税込)

kome_torimasu007

国産ウナギを生きたままで仕入れ。
お店でさばくから、ウナギの善し悪しもわかる腕前。

kome_torimasu004

焼き鳥も焼く、炭火コーナーで最初の白焼きを焼く。
炭火だから皮がパリッと身はふっくら。
注文がきてからタレを付けて仕上げ焼きします。

鳥益_03
【白エビのかき揚げ】
長年、常連さんたちが必ず頼む一品に「白エビのかき揚げ」があります。
新鮮な白エビを揚げたてでサックリ食べると、エビの濃厚な甘さが広がり幸せな気分に。
一年間切らさないようにしているのも、食べたい方がいっぱいいるからです。

白エビのかき揚げ 750円(税込)

鳥益_04
【どぜう鍋】
夏になると地元のスーパーでもどじょうが売られる会津。
夏の暑さを乗り切るための滋養食として長く食べられてきました。
鳥益では定番メニューとして、どぜう鍋を食べたい方に指示されています。
どじょうとニラをひと煮たちさせたくらいで溶き卵をさっとのせます。
卵のフワフワの食感の中にどじょうの柔らかさとニラのシャキシャキがあわさり、イメージしている泥臭さはまったくありません。
鳥益のどぜう鍋は「浅草駒形風」の本場の味。
会津の伝統と浅草の味を一度に味わえます。

どぜう・ニラとじ鍋 900円(税込)

● 基本情報
住所:会津若松市宮町4-17
電話番号:0242-32-8839
営業時間:17:00~23:00

店内の様子

カタログ紹介

地図

会津米・酒カテゴリ一覧