古民家レストラン 独鈷 和食

kome_dokko001

毎日すりおろす自然薯。
自然薯の皮の荒を落とし、すり鉢ですり下ろす。
すり鉢で少しずつ擂りおろすことで、細やかなキメのとろろになります。
擂りおろした後に、ダシを入れて更に擂り込む。
擂り始めから完成まで毎日3時間近くかかります。
それだけ独鈷にとって自然薯は大事な素材。メニューの要なのです。
食感をよくするために会津コシヒカリに麦飯を少しだけ入れて炊いたご飯に、とろろをたっぷりかけて食べる。
粘りの強さが、手間をかけた証拠です。
一口ひとくち、じっくりかみ締めたくなる一膳です。

kome_dokko005

お昼コースの一品として
前菜、メイン料理、ご飯、椀物、デザートなどがつくお昼のコースのご飯をとろろご飯でご用意いたします。

お昼コース 1700円、2200円、3000円(税別)

● 基本情報
住所:会津若松市門田町御山村中372
電話番号:0242-27-8059
営業時間:11:30~15:00

店内の様子

カタログ紹介

地図

会津米・酒カテゴリ一覧