500年以上も前から
会津に生息する幻の鶏

会津地鶏とは、平家の落人が愛玩用に会津に持ち込んだものが広まったと言われています。大変美しい羽装を持っていたため観賞用として、500年以上も前から会津地方で飼われていたと言われています。
昭和62年に福島県養鶏試験場(現在の福島県農業総合センター畜産研究所養鶏科)が調査したところ、固有種であることが判明。 平成4年度から肉用の会津地鶏の生産をスタートして、純粋種よりも大型で肉質が良く産卵能力も向上しました。

会津地鶏が美味しい理由!!

1.平飼いで飼育
飼育密度は1平方メートルあたり10羽以下と自由に動き回れる環境(平飼い)で飼育します。
2.通常の倍の飼育期間をかける
若鶏の飼育期間が55~60日に対して、会津地鶏は2倍の約120日をかけて飼育します。
3.噛むほどに深い旨味
平飼いで元気に走りまわっているため肉は、適度な噛みごたえがあり噛むほどに旨味が深くなります。
4.卵はコク・旨味が凝縮
会津地鶏の産卵は通常の鶏の半分程度。黄身の割合が多く、卵本来のコク・旨味が凝縮されています。

レストラン

▲ カテゴリー一覧に戻る

カフェ

▲ カテゴリー一覧に戻る

和食

▲ カテゴリー一覧に戻る

居酒屋

▲ カテゴリー一覧に戻る

ラーメン

▲ カテゴリー一覧に戻る

旅館・ホテル

▲ カテゴリー一覧に戻る

ビジネスホテル

    準備中

▲ カテゴリー一覧に戻る

農家民宿

▲ カテゴリー一覧に戻る

直売所・売店

▲ カテゴリー一覧に戻る