会津が誇る約500年の歴史「会津地鶏」

 日本人の鶏肉消費量は年々増加傾向にあり、現代人にとって欠かせない食材となっている。
会津人にとっても鶏肉は身近だが、会津地鶏は特別な存在だ。

 今から約500年前に会津に持ち込まれたといわれる鶏だが、一時期は羽数が減り「幻の地鶏」と呼ばれていた。
昭和62年に発見・鑑定され、現在の日本農林規格(JAS規格)により会津固有種と認められたが、現在38種類の在来種のうち最後に認定されたことになる。
その後、在来種「純系会津地鶏」をJAS規定により改良し、今の「会津地鶏」として飼育・販売がはじまった。
雛から平飼いでのびのび育つことで身が適度にしまり脂身の質がよいことが特徴。ブロイラーに比べ水分が少ないため、調理法は強火で火を通し過ぎないことなど配慮も必要だ。
ブロイラーに比べ2倍以上の期間をかけて育て上げるため手間もかかり価格は高めになるが、妥協せずに旨い鶏を作りたいと思っている生産者がいるおかげで今の会津地鶏がある。
秋から冬にかけて育った会津地鶏は特に脂のノリとコクが強く、まさに一番食べてほしい味。
会津若松市内では会津地鶏を食べてほしい、と料理人たちが腕を振るって待っている。

レストラン

▲ カテゴリー一覧に戻る

カフェ

▲ カテゴリー一覧に戻る

和食

▲ カテゴリー一覧に戻る

居酒屋

▲ カテゴリー一覧に戻る

ラーメン

▲ カテゴリー一覧に戻る

旅館・ホテル

▲ カテゴリー一覧に戻る

ビジネスホテル

    準備中

▲ カテゴリー一覧に戻る

農家民宿

▲ カテゴリー一覧に戻る

直売所・売店

▲ カテゴリー一覧に戻る