奥会津食彩蔵 河内屋 和食

kawachiya_jidori2015_001

【 会津地鶏と雪掘キャベツのポトフ 】

奥会津のいいものを伝えるお店が七日町通りにあります。

ここでは会津地鶏と奥会津の素材を組み合わせたポトフが冬限定で味わえます。

まず、会津地鶏は手羽先を使用し、揚げて和風の白だしと煮ます。

野菜は甘みがスゴイと言われる雪掘りキャベツを中心に。このキャベツは河内屋の本社がある奥会津で採れたもので、このキャベツの甘味で十分なほどの甘さがあります。

他にもニンジンや車麩、ジャガイモ、ネギなども奥会津を中心に会津のもの満載。

じゃがいもは半分をゴロっと煮込んだりとこの一杯でお腹がいっぱいになること間違いなし。

食べるラー油がそっとアクセントになっています。

 

会津地鶏と雪掘キャベツのポトフ 1000円(税込)

2015kome-kawatiya-02

【柳津流ソースカツ丼】

今話題の柳津流のソースカツ丼が七日町で味わえます。
ソースカツといえばご飯の上にたっぷり千切りキャベツ、が会津流ですが、柳津ではキャベツの代わりに玉子焼きを敷き詰めます。
揚げたてのカツの上にソースをたっぷりかけて完成。
卵の甘味とソースの甘辛さがカツにぴったり。
卵を使っていても煮込んでいないのでカツのサクサク感が好きな人には嬉しい食感です。
こちらのご飯も会津坂下町御池田地区のコシヒカリを使用しています。

柳津流ソースカツ丼  880円(税込)

河内屋-トマト01
【とろける雪掘りロールキャベツ】
柳津町が本社の河内屋が、地元素材を活かしたいと取り組んだロールキャベツ。
雪下キャベツという、雪の中で糖度が増すと言われるキャベツだけを使い、国産牛(A4ランク100%使用)を巻きました。
煮込みには会津産トマトを使い自家製トマトソースを手作り。そのソースで、じっくり柔らかくなったトマトの旨味も活かした味です。
このロールキャベツ一個に会津の素材がたっぷりと詰まっています。
河内屋ではカフェスペースで

とろける雪掘りロールキャベツ 自家製トマトソース味  1780円(税込)
とろける雪掘りロールキャベツ コンソメ味  1780円(税込)
*柳津の自家製パン&コーヒー付き

● 基本情報
住所:会津若松市七日町6-3
電話番号:0242-37-7533
営業時間:9:00~18:00

店内の様子

カタログ紹介

地図

会津地鶏カテゴリ一覧