庄助の宿 瀧の湯 旅館、ホテル

takinoyu_jidori_001

【 会津地鶏の庄助酒彩吟醸焼 】
会津の食文化に伝わってきた会津味噌と酒粕。
味噌は「会津味噌」の名があるように、大豆から仕込んできた昔ながらの田舎味噌です。
酒粕も全国屈指の酒処であった会津だからこそ、酒粕漬けの食文化が残っています。
その醸造文化に会津地鶏を組み合わせた「会津地鶏の庄助酒彩吟醸焼」は板長渾身の作。
旨味の強い会津地鶏に酒粕と自家醸造味噌をあわせた吟醸タレで漬けこみ、他では味わえない逸品となりました。
2014年FOODEX 美食女子グランプリ銀賞も受賞した会津誇りの味です。

平日1泊2食12960円~43350円 1室2名利用時 各税別・入湯税別
*会津地鶏の庄助酒彩吟醸焼が味わえるプランがあります。

休前日1泊2食16,350円~48,750円
(1室2名利用時の1名料金、和室利用~特別室利用、各税別・入湯税別)

DSC_2016
【おふくろバイキング】
会津漆器に会津野菜を取り入れたピクルスや蒸し野菜、お惣菜コーナーなど種類も豊富です。
野菜ソムリエ・木村氏のコーナーでは野菜本来の甘みを食べていただきたいと、野菜中心のメニューが5品ほど並びます。
少し硬めなのは7回以上噛むことで本当の味が出てくるから。
宿の思いと農家さんの思いが1つの会場で融合した食事会場です。

● 基本情報
住所:会津若松市東山町湯本滝ノ湯108
電話番号:0242-29-1000
営業時間:イン15:00~アウト10:00

店内の様子

カタログ紹介

地図

会津地鶏カテゴリ一覧