会津にはアスパラがある。
福島県90%は会津産の一大産地。

昭和40年初めに会津でアスパラを作り始めてから約50年。
今では全国トップクラスの産地として福島県があるが、
そのうち90%以上は会津産。
つまり実質的にアスパラの産地は会津ということになる。

会津でこんなにアスパラ作りが盛んなのは環境にあったことが大きい。
アスパラは涼しい環境を好むので会津盆地は不適そうだが、
夏の昼と夜の大きい温度差や冬の雪深く養分をたくさん蓄えられる恵まれた環境が、アスパラ栽培に適しており、立派なアスパラが育つのだ。
また、農家が試行錯誤を繰り返し、高い技術で作り続けてきたことが現在の実績となっている。

収穫直後のアスパラは切った所から水分がにじみだし、瑞々しく・甘味があり驚くほど旨い。
だが、時間が経つごとに水分と甘みが抜け、筋っぽくなってしまう。
だから産地で食べるのが一番旨いのだ。
是非、全国に誇る旬のアスパラを産地・会津で食べてほしい。
これが「あいづ食の陣」のコンセプトだ。
会津若松市内では料理人たちがアスパラ料理に魂を込めて待っている。

(写真提供:JA会津よつば)

レストラン

▲ カテゴリー一覧に戻る

カフェ

▲ カテゴリー一覧に戻る

和食

▲ カテゴリー一覧に戻る

居酒屋

▲ カテゴリー一覧に戻る

ラーメン

▲ カテゴリー一覧に戻る

旅館・ホテル

▲ カテゴリー一覧に戻る

ビジネスホテル

    準備中

▲ カテゴリー一覧に戻る

農家民宿

▲ カテゴリー一覧に戻る

直売所・売店

▲ カテゴリー一覧に戻る