会津アスパラを語ろう。

栽培歴50年以上、作付面積全国3位。うち90%以上が会津産の一大栽培地。
*政府統計の「平成25年産野菜生産出荷統計」より

50年以上前、会津で始まったアスパラ栽培。
今では福島県を作付面積全国3位に押し上げるほどの産地になった。
福島県産アスパラのうち90%以上を会津地域(17市町村)が占めており、栽培農家の試行錯誤と高い技術で作り続けてきたことがこの実績となっている。

会津でこんなにアスパラ作りが盛んなのは環境に合ったことが大きい。
アスパラは涼しい環境を好むので会津盆地では不適そうだが、盆地の平野分で日中真夏日になったとしても夜になると気温はぐっと下がるのである。
この夜の涼しさがアスパラの成長を育み、盆地といえど会津では立派なアスパラが育つのだ。
もちろん、高原地帯でも盛んにつくられており、会津全域が産地と言える。

採ったばかりのアスパラと翌日のアスパラはこれが同じアスパラ?と思うほど食感・瑞々しさ・甘みが違う。
産地の美味しさを知ってしまったら、旬の時期に食べずにはいられない。
同じ料理をするにしても新鮮なアスパラは味が濃いのだから。
全国に誇るアスパラ産地・会津ならではの味を味わってほしい。
これが「あいづ食の陣」のコンセプトだ。

レストラン

▲ カテゴリー一覧に戻る

カフェ

▲ カテゴリー一覧に戻る

和食

▲ カテゴリー一覧に戻る

居酒屋

▲ カテゴリー一覧に戻る

ラーメン

▲ カテゴリー一覧に戻る

旅館・ホテル

▲ カテゴリー一覧に戻る

ビジネスホテル

    準備中

▲ カテゴリー一覧に戻る

農家民宿

▲ カテゴリー一覧に戻る

直売所・売店

▲ カテゴリー一覧に戻る